ストラトを少し語る

2014年ものこりわずか、

あちらこちらの道路工事がより慌ただしく見え、

心なしか街中のパトカーの数も増える中、

今日も工房に向かう途中、

2件の交通事故現場を目撃。


皆様もお気を付け下さいね。


やはりここ1週間、

リペアやカスタマイズのお問い合わせが

増えています。

月末に向けてさらに忙しくなる予感。


年内のリペアやメンテナンスをお考えの方は、

お早めにご相談ください。



今日は

オーダーストラトの続報です。

パッと見ふつうのストラトですが・・・
パッと見ふつうのストラトですが・・・

先日のブログでご紹介した

個性的なサイズ感のネック。

無事ご依頼主のチェックもクリアです。


ネックの寸法が決まったら、

一気にボディを製作。

ピックガードまで寸法を合わせ、

木工作業はすべて終了です。



当工房のストラトは、

基本的に'60~'62あたりのもの参考にしています。


ただこのギター、

本家はもとより、各メーカーにより細部の寸法や

演奏感やテンション感がまちまちで、

そもそもどれが正しいのか、

現在ではかなり曖昧です。


そこでY.O.S.では

当時のFender社のパテント資料や

実際のビンテージ楽器を基に研究し、

現在多く流通しているストラトとは、

意図的に違った作り・寸法にしている部分があります。


ここから先、具体的にはナイショですが、

もともとUSAで作られていたもの。

メトリック法ではなく、インチで考えると・・・・

あそこは○○mmじゃなくて、○○.7mmのほうが正しい・・・

ってことはあそこも・・・

ごにょごにょごにょごにょ

といろいろ見直し、

そこにハンドメイドならではの

精度の高い加工を加えることで、

量産ものやUSAものとは

一線を画すストラトとなっている自信があります。


是非一度お試しあれ、

って、サンプルが無いや・・・。



さぁ、気を取り直して、塗装入りです!

いつもながら楽しい瞬間
いつもながら楽しい瞬間

ボディは軽量なアルダー2P材。

業者様にお願いして、特に軽いものを入れてもらいました。

ボディで1.6kg。

アルダーとしてはかなり軽い部類です。


ネックはもう語るより見てください。

これぞ銘木、自然の偉大さでございます。

ハイグレードのカーリーメイプルネックをお楽しみください
ハイグレードのカーリーメイプルネックをお楽しみください

実はボディも

このネックに負けないゴーーージャスな着色が

待っています。


かなりインパクト大なストラトになる予定。


お楽しみに!

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE