AlembicのP.U.交換を凝ってみた

エレキギターの歴史はまだ70年弱と言ったところですが、

その節目節目において、

新しい流れを生み出すメーカーがあります。

 

今日ご紹介するAlembicもその一つ。

 

それまであまりギターには使われていなかった木材を積極的に用い、

独自のアクティブサーキットと併せて唯一無二のサウンドを生み出したメーカーです。

 

どちらかというとベースの方が有名で、

現代のハイエンドアクティブベースの礎となったメーカーと言えます。

 

 

今日はそのAlembicのDistillateというギターをお預かりしました。

Alembic Distillate Guitar

メイプルとパープルハートの5Pスルーネックに、

ホンジュラスマホガニーバック、ゼブラウッドトップのウィング材。

Alembicらしいルックスの1本です。

 

機能面には大きな問題はありませんでたが、

この年代を象徴するブラス削り出しパーツには錆びが目立ち、

独自の形状に樹脂モールドされたピックアップにも損傷が目立ちます。

 

今回はこれら含む外観を出来るだけ綺麗にしつつ、

しっかり使えるギターにというご依頼でした。

 

まずは錆びの目立つブリッジを。

独自の構造のブリッジ、

良く観察すると分解できそうです。

 

そこで一旦全てバラバラにして、

ブラス部分の目立つ錆びを除去していきます。

 

その後錆止めの油を差しつつ、

全てを組み直しました。

 

 

作業中は油まみれで時間もかかりますので、

正直全然楽しくないですが、

終わってみるととてもスッキリする、

そんなお仕事ですね。

 

 

さぁ

もう一つリクエストのあった難題にとりかかります。

このギターには独特の形状のオリジナルピックアップが搭載されています。

特殊過ぎて、互換性のあるピックアップなど当然流通していません。

 

今回はご覧の、

普通のハムバッキングピックアップサイズである

Bartolini製ピックアップに交換することになりました。

 

もちろん、無理やり着けようと思えば着きますが・・・、

元のキャビティとは形が全く合いませんし、

カッコいい訳ありませんし、

全然面白くありません(主に私が)。

 

そこでサッと、一枚の木材を取り出し加工をはじめました。

四角い穴、丸い穴を開けた後、

段差をつけました。

 

その後全体の形状を切り出して成型しますと・・・

こんな感じ。

左は形状の成型後。

それを研磨して、角を丁寧に面取り下のが中央です。

 

最後に全体をオイルで仕上げたのが右側。

 

こういった小物を作るのって意外と難しくて、

素材選びと作業手順が重要です。

 

手順はご覧のとおり、精度が重要な部分から加工を始め、

外枠の成型は最後にした方が良いです。

 

木ですから、

成型中の狂いや割れ、耐久性なども考慮しなければなりません。

 

今回はその点に優れたサーモウッドを利用しました。

素材は「メルバウ」というマメ科の木。

ギターではあまり使われているところを見ませんが、

フローリングや家具、ウッドデッキ等で有名な材です。

 

ローズウッドと同じマメ科ですから、

オイル仕上げ後はまるでローズウッドですね。

 

以前ネック用にと思って仕入れておいた材の端を使いましたが、

トーンウッドとしてのポテンシャルも高そうです。

 

 

さぁ、組み込んでみましょう。

ご覧の様になりました。

 

つまり作っていたのは、

もとのピックアップと同じ形状をした

ハムバッキングP.U.用のオリジナルエスカッション。

 

こうすることで、

本体には全く加工をせずに、

普通のハムバッキングP.U.を搭載することが出来ます。

もちろん今後他のP.U.への交換も容易ですし、

キャビティには一切の加工をしていませんから、

なんなら元のP.U.にもすぐに戻すことができます。

 

エスカッションの素材、

エボニーなんかの黒い木を使えばもっと違和感は少ないのですが、

あえて茶褐色材にすることにより、

ウッディな楽器全体に合わせてみました。

(私の自己顕示欲も含んでます!)

 

さぁ、

組み込んでみましょう。

フレットや指板、ナットもクリーニングし

全体をしっかりと再セットアップしています。

 

 

ピックアップはもちろん、

ブラスパーツたちも本来の輝きを取り戻し、

ご依頼主にも大変喜んでいただけました。

 

 

オリジナルに最大限敬意を払いつつも、

私の個性もしっかりと取り入れられた、

満足度の高いカスタマイズとなりました。

 

 

問題点はただ一つ。

手間かけすぎたこと・・・。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    藤本 (月曜日, 20 6月 2016 14:21)

    初めまして、こんにちは。

    質問です。
    ギターのブリッジ(シングルトレモロタイプ)なんですが、最近サビが発生してきました。

    過去のブログで「ブリッジパーツを556に漬けて掃除した」と書いてあるのを見ました。
    僕もやってみようと思うのですが、やる手順や注意点などあれば教えてください。

    お願いします。

  • #2

    YOS吉田 (月曜日, 20 6月 2016 16:33)

    藤本さんはじめまして。コメントありがとうございます。

    パーツの錆び落とし方法はいろいろあって、
    錆びの程度や金属の種類、メッキの種類でいろいろ使い分けています。
    不適切な処置をして逆にダメージを与えてしまう恐れもございますので、
    実物を拝見していない状況で安易にお答え出来ない内容のため、
    この場では控えさせていただきたいと思います。

    せっかくのところ申し訳ありませんが、
    ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE