Stellar Classic Paisley Burning 完成

お待たせいたしました!

 

Y.O.S.ギター工房待望の新作、

Stellar Classic Paisley Burning

堂々の完成です。

 

長いので以降Stellar Paisley(ミジンコの星)で参ります。

 

早速ご覧ください。

Stellar Classic Paisley Pyrography

気になるギターの詳細やらうんちくは、

後日当サイト内のギャラリーにてご紹介させていただきます。

 

今日は画像中心、

ごゆっくりとご覧ください。

アルダーボディの落ち着いた木目、

ハードメイプル材の爽やかな白さ、

その上に施された焼きゴテによる手描きペイズリーデザイン。

自然の偉大さと日本の職人技術を共存させた特別な仕様です。

 

ハードウェア類はあえて伝統的なエレキギターの仕様を踏襲しながらも、

高級感あふれるベッコウ柄ピックガードやゴールドハードウェアを選択しました。

そんな中、私も今持てる技術を全て注ぎ込んでいます。

 

フレットはミディアムジャンボサイズのステンレス。

仕上げの難しいメイプルネックですが、

そのフレットエッジまで妥協なく仕上げ切りました。

ヘッドトップも素晴らしい存在感。

Y.O.S.ロゴもバーニングしてもらってます。

 

その奥にはピッチの細かい真っ直ぐなメイプル材の木目。

ネック材として間違いなく最高級品です。

一見スタンダードに見えるハードウェアやアッセンブリ類も、

このギターに合わせた特別仕様。

 

ブリッジは信頼のGOTOH製。

スチールブロックの伝統的なシンクロトレモロは、

ESP Custom Lab製の素晴らしいトレモロスプリングにて、

万全のフローティングセッティングを施しています。

 

バック面のトレモロスプリングキャビティ内の仕上げも万全。

バックパネルは付けず、

その機能美も楽しんで頂きます。

 

ピックアップは、

このギターの薄い塗装に合わせ特別に注文した

Lindy Fralinのカスタムワウンドモデル。

アジャスタブルなポールピースを採用することで、

各弦の出力バランスも思いのままです。

 

その全体重量は

伝統的な3シングルギターとして理想的な

3.28kg。

 

この素晴らしい外見が見かけ倒しにならないよう、

サウンド面から演奏性まで、

一切の妥協無く仕上げを行いました。

 

 

 

 

今現在は

三谷たくみお姉さんばりに

やり切った感が強い私です。

(たくみお姉さんお疲れ様でした!)

 

 

このギターのお目見えは、

2/21の島村楽器さんイベントにて。

12時スタートです。

 

私の緊張感あふれるトーク(?)と、

プロ講師による極上のデモ演をお楽しみ下さい。

 

ご参加は無料。

ご来店お待ちしてます!

 

 

 

さぁ、

明日のアーセナルvsレスターが楽しみ。

頑張れ岡崎。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    katsumi (木曜日, 18 2月 2016 16:34)

    とても美しいです。試奏してみたかったです。
    ちなみにトレモロスプリングは、組み合わせたりしているのでしょうか?

  • #2

    Y.O.S.吉田 (木曜日, 18 2月 2016 19:16)

    katsumiさん先日はありがとうございました。
    試奏は島村楽器さんで是非。
    トレモロスプリングはESP Custom Lab.製のtype1です。
    塗膜薄めのレンジの広いギターにはかなり相性が良く、
    私も長らく愛用しています。
    このブロンズカラーも素敵です。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE