ねじりの美学

2月19日~21日の

島村楽器静岡パルコ店さんのイベント

「静岡ギターSHOW」の詳細が発表されています。

 

こちらをご覧ください。

 

 

Y.O.S.ギター工房の出番は最終日21日の日曜日。

 

まずは12時より、

Y.O.S.ギタークリニックと題して、

新作ギターStellar Paisleyと、

大人気Smoggy Overdriveについて、

私吉田が熱く語るトークショーです。

 

私がただ話しててもしょうがないので、

当工房のカスタムアーチトップギターを使用してくださっている

ギター講師の東条先生をお迎えし、

それぞれのデモ演奏を交えながら、

皆様にY.O.S.サウンドをたっぷり堪能していただきます。

 

 

クリニック終了後15時からは、

店頭でのメンテナンス&リペア相談会を開催!

 

皆様の楽器をより良い状態にするために

しっかりと状態を診断し、

適切なアドバイスをさせていただきます。

 

こちらは事前のご予約も可能です。

 

詳細は島村楽器さんのシマブロをご覧ください!

 

 

 

そしてその新作ギター、

Stellar Paisleyの作業も、

いよいよ佳境に入ってまいりましたよ。

当工房ではおなじみの景色。

 

キャビティのシールディング作業と、

配線作業です。

 

どちらも完成したら外からは見えないところですが、

絶対に手は抜けません。

とことん美しさを追求します。

 

たかが1ボリューム1トーンの配線に、

すっごい時間かかります。

 

もし私がメーカー勤務だったら、

完全に給料泥棒レベルの仕事の遅さ。

 

わかっちゃいるんだけど、

やりたいからしょうがないんです。

 

 

ちょっと専門的な話をさせていただくと、

今回の配線のポイントは

ホット線とアース線のツイストにあります。

 

単なるカッコつけじゃあなくて、

こうすることでキャパシタンスが生じ、

多少高音域に甘さが出ます。

ノイズを軽減する効果もあります。

 

今回のギターはいつもの当工房の楽器に比べ

かなり薄い塗装を採用しています。

塗膜による高音域の抑えが効いていないことが予想されるため、

いつもより積極的に配線をねじってみました。

 

ピックアップも

このモデルに合わせて注文した特別仕様。

 

出音が楽しみでたまりません。

 

 

配線が終われば、

ボディはあっという間に組みあがります。

良いと思います!

 

さぁ、あとは

楽器としての仕上げ。

 

演奏性とサウンドを突き詰めて行きます。

 

もう9割方確信がありますが、

気を抜かず頑張ります。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE