Strandberg改

リペアマンという職業柄、

自分の作ったギター以外は

なかなか最新のギターに触れる機会が少ない私。


ところが今日は、

今最も旬?なギターのカスタマイズをご紹介。


しかもご依頼主、購入ホヤホヤ。

殆ど弾いた痕も無く、大都会東京より送られてまいりました。

Strandberg boden os6

こちらは先日も速報でお伝えしました、

StrandbergのBoden OS6。


このナチュラルフィニッシュのトップ面を

いわゆる「リフィニッシュ」しちゃいます。


まずはパーツを全て外します。

他には無いパーツ類。

こうしてバラしているだけでも大変勉強になります。


おや?ブリッジアースは1弦だけ?

と思いきや、0F付きのギターだから大丈夫なのか・・・。

でも1弦切れたらダメじゃん。

などなど、いろいろ突っ込み入れながら、楽しい解体作業です。


このギター、決して安くはありませんし、

何よりも新品です。

ビビったら負けですので、

どんどん作業へ。


研磨して、トップ面の塗装を完全に除去しました。

今回はナチュラルフィニッシュのカーリーメイプルを

染色してほしいというご依頼。


ただ色を付けるだけではなく、

着色後研磨して、わざと退色させています。


色味をご依頼主に確認し、

その後ウレタンのサテンフィニッシュでコーティング。


組み上げるとこうなりました。

Strandberg Boden OS6 Custom Color

まるで藍染のような味わい。

Strandbergに限らず、

ギターではあまり無いカラーリングとなりました。

さわやかでありながら、渋さも感じさせる、

素敵な色味です。


実は明日22日が

ご依頼主の誕生日。

間に合ってよかった。

I田さん、お誕生日おめでとうございます!



さらっと説明して参りましたが、

これらの作業、なかなかの高難易度なんです。

ただマニュアル通りに作業しても

こうは行きません。


昔だったらまず断っていたであろうご依頼を

こうして自信を持って作業出来ている現状に驚くとともに、

これまでいろいろな経験を積ませていただいていることにも

あらためて感謝する次第でございます。



黒いホットボンドには頼らない、

本物の技術者目指して、今後も精進していきますよ:p

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    黒川 (火曜日, 21 7月 2015 22:45)

    最近皆さんホットボンドネタが多いですね(笑)
    僕のOMもホットボンドモディファイは無しでお願いします!

  • #2

    Y.O.S.吉田 (水曜日, 22 7月 2015 09:30)

    あいにく私は透明のホットボンドしか持ち合わせておりませんので、モディファイにはつかえませんよね。

  • #3

    arima (月曜日, 07 12月 2015 02:38)

    同じギターを購入したのですがカラーを変更したくてたどり着きました。これはいくらでやっていただけるのでしょうか?

  • #4

    Y.O.S.吉田 (月曜日, 07 12月 2015 09:42)

    arimaさんコメントありがとうございます。
    塗装作業で2万円~、
    その他再セットアップで5千円~となります。
    現在のカラーや変更後のカラー、仕上げ、
    またその他の追加作業によってお値段変わって参りますので、
    詳細はお問合せフォーム、又はメールでお問合せ下さい。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE