日本人心をくすぐる木

しかし雨続きですね。


梅雨は梅雨らしく雨は降れば良いと思いますが、

木材を扱う私にとってはやや心配な面もあり、

工房内の湿度に気を配りながら作業を進める日々です。



だからと言って、

木材の入荷を自重する訳ではありません。


東京買い付け材第2弾のご紹介です。

Pale moon ebony

そもそもこの材、

つい最近お客様からのお問い合わせでその存在を知り、

気になって入荷してみました。


ペイルムーンエボニー(pale moon ebony)と言うそうです。

見た目はこんなですが、れっきとしたエボニーで、

白い部分含めとても硬質な材です。


今回はギター、ベース指板材サイズを1枚ずつ。


木目的には黒柿なんかと似ていますが、

あちらに比べ安定度も高そうで一安心です。



もう1枚は買う予定の無かった材ですが、

実物を見てすっかり惚れてしまいました。

屋久杉です

そういえば、和材を買うのは初めてでしょうか。


屋久杉です。


この木について、

今更私が語るべきことは特にありませんが、

生で見る屋久杉の迫力はそれはそれはすさまじく、

ただただその木目に圧倒されます。


失礼ながら、

軽くタップしてみると、

その軽さからは想像できない重低音が響きます。

もはや意味不明、これぞ神の御力なのでしょうか。


もう20年以上も前に伐採禁止となっている屋久杉。

これは推定4~50年前に伐採され、

家屋の1部に使われていたものだそうです。


裏面にはなんと、屋久杉を証明するシールが残っていました。

最も

そんなシールが無くても分かる、強烈な屋久杉臭を放っています。


失礼とは思いますが、

エレキギターになっていただきましょう。



そんなこんなで、

いろいろな収穫がありました今回の東京出張。


最後に、母校に立ち寄ってきました。

ESPミュージカルアカデミー 2号館2階

もう放課後の時間でしたので、

授業の様子は覗けませんでしたが、

私が12年の講師生活のうち、5年間を過ごした教室に潜入。


懐かしいというより、

昨日までそこにいたかのような感覚。


傍から見ると、ご覧の通り小汚い部屋ですが、

私には癒しの空間でした。


若さあふれる学生たちの作品も相変わらず。

中には完成を前にして、重症を負ったギターも並んでいましたよ。


がんばれ若人たち。



よくよく考えると、

これが新宿区にあるんだから驚きです。


そんなESPミュージカルアカデミー

皆様よろしくお願いいたします。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE