奇跡の材入荷です!

金曜の東京出張から

今日のエフェクターワークショップまで、

ブログでご報告したいことが盛りだくさんでしたこの週末。


そんな中、

金曜に東京で買い付けてきた木材が、

もう到着いたしましたので、

早速その衝撃的な光景をご覧いただきましょう!

バックアイバール

もはや理解不能なカラーリングが特徴のこれ、

「バックアイバール」と言う木です。

「バックアイ」が木の名称で、

その「バール(瘤)」の部分ですね。


元々は黄色味の強い木ですが、

材木中のバクテリアの影響で色素が変化し、

このように青黒いシミが生まれるようです。


木材と微生物が生み出す、

まさに自然の芸術ですね。


もちろん私のことですので、

早速シンナーで濡らしてみましたよ。

とくとご覧あれ。

バックアイバール!

私もプレミアムウッドは多く見てきた自信がありますが、

これはもう言葉が出ません。


木かどうか、自信が無くなってきました。


まるでこれは・・・・

デスメタルバンドのCDのジャケット?


いや・・・

人によっては小宇宙(コスモと読む)を感じるでしょうか・・・。


誰か上手い表現をお願いいたします。



そもそもこのバックアイバール

これだけ大判でありながら、

文字通り「穴が無い」個体が極めて希少です。


それに加え、

この「青」の部分の存在感。


間違いなくマスターグレード。

よくぞ私の元に来てくれたものです。



日本国内の流通量は極めて少ないこの材、

これらに勝る個体は殆ど無いであろうと思います。


きっとしばらくは、

思い出すたびにこの木を眺めてしまい、

仕事の邪魔をするんだろうなぁ・・・・。



実はまだ他にも

とても素敵な木材の入荷がありましたが、

それはまた次回ご紹介させていただきます!


お楽しみに!

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ねこはん (月曜日, 06 7月 2015 00:15)

    はじめまして^ ^
    いつも美しい材選に圧倒されます^ ^
    今回の材は特に美しいですね^ ^

  • #2

    恋得 小 (月曜日, 06 7月 2015 00:38)

    仕上がりが楽しみです♪

  • #3

    Y.O.S.吉田 (月曜日, 06 7月 2015 09:05)

    ねこはんさん、恋得 小 さん、コメントありがとうございます。
    どのような楽器になるかはまだ全くの未定なんですが、
    この材でカッコ悪い楽器を作ったら恥ずかし過ぎますので、
    精一杯頑張ります。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE