アコギのブリッジ再接着

気が付いたら6月も残り僅かですね。


来週は水面下で進めている新しいプロジェクトの打ち合わせに

久しぶりの東京出張。

もうすでにドキドキするくらい、スゴイものが誕生しそうな予感です。

日帰りですが、木材収集から久しぶりの母校訪問まで、

予定はびっしり。楽しみです。



さぁ、すでに30本以上の修理を手掛けさせていただいた6月でしたが、

今日はその中で、アコギのブリッジ剥がれ修理をご紹介。

写真では分かりにくいですが、

6弦側ブリッジ後方が剥がれてしまう症状。

アコギでは良くあるトラブルですが、

元々の接着不良や、トップの変形等が主な原因です。


今回はブリッジの1/4程が剥がれていた状態でしたが、

あまりよろしくないことに、

その隙間に汎用の接着剤がタップリ充填されてしまっていました。


そのままで再接着は無理ですので、

一旦全て剥がすことを選択。


ギターに使う接着剤は熱で軟化するものが多いため、

私は画像のようなラバーヒーターを使い、

じっくりとブリッジを温め、

接着剤が柔らかくなったところで、右画像の様にヘラを入れていきます。

約40分程かけて、なかなか綺麗に剥がすことに成功しました。


その後、古い接着剤を除去し、接着面を整えたのが写真中央。

これはただ接着剤を削れば良い訳ではなく、

お互いが密着するよう成型。


この個体は、ブリッジ下にわずかながら塗膜の残りがあり、

その上にブリッジ端が乗っかって接着されていた様子。

そこの強度が不足し、剥がれるきっかけになっていたようです。


そのあたりももちろん改善させていただいています。


その後接着して、しっかりと乾燥させます。

弦を張り、強度に問題が無いか確認。

ブリッジ表面も綺麗に磨き直し、オイルで仕上げています。


このギターはBurnyのBJ-100というモデル。

記憶が確かならば、

現在はHeadwayブランド等を手掛ける、

百瀬氏が手がけていたギターのはずです。


オール単板のいわゆるギブソン系アコギですが、

そのサウンドは圧倒的で、

良い意味でギブソン感が全くありません。

すさまじい音圧にしばし感動した次第でした。


やはり日本の職人はすごい。


今回はブリッジだけでなく、

フレットのすり合わせやナット交換、

弦高調整まで含んだ全体のセットアップもさせていただきました。


この生まれ変わりっぷりに、ご依頼主もきっと喜んで下さるはず。




そんな中今日は思いがけず、

うれしい再会がありました。

今年2月頭に納品した

テレキャスターシンラインタイプのオーダーギター、

メンテナンスの為にご来店いただきました。


この楽器にとって初梅雨ですが、

まったく問題のない様子で一安心。


弦を1ゲージ太くし、

それに合わせ再セットアップを行いました。


他の楽器達も元気でしょうか。

来週は1Pコアギターと再会できるかもしれません。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE