機能だけでなく装飾も

先日のグラミー賞2015、

Ed Sheeranの素晴らしいパフォーマンスの後ろで、

スーツ姿、伊達メガネ(?)でギターを弾いていた方を

ご覧になりましたでしょうか?


John Mayerでしたね。


相変わらずの素晴らしいオブリとソロでしたが、

何が驚いたって、

使っていたギターです。


まさかのJackson Soloist!


コンコルドヘッドにシャークインレイ、

もちろんフロイドローズ。

カラーは濃い目のサーモンピンク。


ヘビーメタルの象徴みたいなギターも

弾く人が変わると全然印象が変わるもんですね。


John Mayerのせいで、変な人気が出るんだろうなぁ・・・・。



今日ご紹介するのは、

年末年始の修理関係で、

最も大がかりだった案件です。

LarriveeのL-10が・・・・
LarriveeのL-10が・・・・

カナダのLarriveeの代表機種L-10です。

素晴らしいグレードの木材に、

アバロン(アワビ貝)による装飾が、

ボディ、指板、ヘッドに施されている、

とても上品なモデルです。


非常に強い衝撃が加わったようで、

ボディの1弦側、

広い範囲でトップとサイドに剥がれが生じています。

アバロンの装飾もダメージを負っているようです。

割れ系修理の最重要工程
割れ系修理の最重要工程

まずは接着作業。

剥がれた部分がピタッと合わさるように、

木のササクレ等を丁寧に除去して行きます。

今回のものはサイド材にゆがみまで生じていましたので、

接着時には側面からも適度な力をかけていきます。


しっかりと乾燥させ、

装飾系の修理に移ります。

アワビ貝による螺鈿です
アワビ貝による螺鈿です

今回はご覧の様に、

長さ8cm程の範囲のアバロンインレイが無くなっています。


アワビ貝の板から切り出し、

少しずつ削って、形を合わせていきます。

細さは1.5mm程。

天然貝は固く、折れやすく、割れやすいため、

慎重に作業を進めます。


そうして綺麗にはまったら

こちらも接着。

研磨して、写真右の様になりました。


その後、塗装に移ります。

必要最低限の下地塗料を吹き付け、

若干の補色をしてトップコート。


乾燥後、元の塗料となじませて

鏡面に仕上げ、完了です。




この後弦を張り、全体をセットアップ、

数日様子を見て、全ての作業が終了です。



フレットやナットの摩耗具合を見ると、

オーナー様にはとても愛されているであろうこのギター。


修理を担当出来て良かったです。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE