JM風リフィニッシュ 最終回!

ブログ始まって以来の小出し企画も

今日で最終回。

ハードレリックストラトの全貌を

ご覧ください。



レリック加工というと

ボディばかりに目が行きがちですが、

他のパーツがピカピカではいけません。


特にストラトは、

ピックガードの面積も大きいので、

そちらの印象も大事です。


こんな感じになりました!

プラスチックパーツのレリックとリワイヤリング
プラスチックパーツのレリックとリワイヤリング

こちらは、細かい擦り傷や素材自体の変色、

手の油やヤニによる汚れなどを再現していきます。


プラスチックに塗装をしても、

擦ると剥がれてしまいますので、

基本的には染色しています。


ご覧の通り、均一に染色する訳ではなく、

場所場所でその濃さを変えると、

とっても自然です。


もちろん、ネジもレリック加工。

こちらは薬剤を使って、本当に錆びさせました。


今回はオーナー様のご依頼もあり、

配線材を総交換。

楽器の雰囲気に合わせ、

BELDEN社の1960年代デッドストックものに

交換しました。

コタツの電源コードみたいな外見の

素敵な布巻き線で、私のお気に入りワイヤーです。


さぁ、ネックに行きましょう。

ネックももちろんレリック加工
ネックももちろんレリック加工

今回はハードレリックですが、

ヘッドにはメーカーロゴやシリアルNo.の記載があるため、

塗装を剥がすことはしませんでした。


グリップは一旦剥がした後、

汚~~く染色して、

湿度から守るために極薄塗装からの艶調整。


ヘッド部はきつめの焼け色をオーバーラッカーし、

こちらも艶調整しました。

良い感じですね。



残るはブリッジやペグのハードパーツ類なのですが、

今回はご依頼主の要望で、

一切の処理をしませんでした。

こちらはあくまでも機能面を最優先ということですね。

そもそもニッケルメッキのパーツが多いモデルでしたので、

すぐに違和感が無いくすみが出てくると思います。



よって、全てのレリック加工は完了。

全て組み直し、セットアップ。

その全貌をご覧ください!

John Mayer's Black 1 Stratocaster 風です
John Mayer's Black 1 Stratocaster 風です

汚っ!(@^▽^@)/


スゴイ貫禄。

いったいどういう過酷な環境で使われたら、

ここまでになるのでしょうか・・・。


お母ちゃんに見つかったら

「あんた、あのボロボロのギター、汚いから捨てといたわよ」

ってことになるので気を付けましょう。



すでにご存じの方も多いかもしれません。

このレリックストラト、

超人気ギタリストのモデルを再現したもの。


ご登場いただきましょう(いいのか?)

この方でございます!

ギターもソングライティングも歌唱力も顔も良し・・・・。
ギターもソングライティングも歌唱力も顔も良し・・・・。

当代No1人気と言っても過言ではない超セレブミュージシャン。

今回はそのJohn MayerのBlack 1と呼ばれているストラトを

再現してみました。


そもそも本人が使っているこのギターもレリックされたもので、

なんとJohn Mayer本人が作業したというお話です。


この人、歌手としても作曲家としても一流ですが、

私はやっぱりギターが好き。

ストラトキャスターの魅力全てを聞かせてくれます。

こんな風に弾けたらさぞ楽しかろうに・・・・


丁度John Mayerご本人が

このギターについて語っている映像が有ります。

せっかくですのでご紹介。


と言うわけで、

長々とお伝えしてまいりました

レリックストラト企画、いかがでしたでしょうか?


ご依頼主も、大変喜んでくださいました。

喜びのあまり手は震え、

この真冬に額には汗びっしょり^^;

それを見て私も大変感激した次第です。


レリック加工って

なんとなく適当に傷つけて・・・

みたいなイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、

私はこのように、とても手間暇かけて作業します。

綺麗に仕上げる方が、よっぽど早いです。


ご覧になっていただければ、

レリックへのイメージもきっと変わると思います。


レリック加工を施した工房サンプルギターなんかも

作ろうと思っていますので、

完成の暁には、

その素敵なタイムマシーンギターを

是非体験してみてください。

コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    松永 (土曜日, 31 1月 2015 10:38)

    もはや芸術品のようですね。。吉田さんの職人魂に感服しました。。私も機会がありましたら是非ともYOSさんにお願いしたいです! ブログ毎回楽しみに拝見させていただいてます。

  • #2

    依頼主 (土曜日, 31 1月 2015 10:44)

    この度、YOSさんにレリック加工をしていただき大変満足しています!毎日、ギターが楽しくて寝るのも惜しいです! 次はカスタムオーダーをしたいと考えています!

  • #3

    Y.O.S.吉田 (土曜日, 31 1月 2015 20:34)

    松永さん初めまして。うれしいコメントありがとうございます!どんな作業のご依頼でも、全ては私の作品だと思い、全力で当たるよう心掛けております。お力になれることございましたら、お気軽にお申し付けください。

  • #4

    Y.O.S.吉田 (土曜日, 31 1月 2015 20:36)

    ご依頼主様。その後ギターはいかがでしょうか?これから弾けば弾くほど、さらなる味が出てくると思いますので、またメンテナンス等必要でしたらお声かけください。再会を楽しみにしております。

  • #5

    池田祐樹 (月曜日, 23 2月 2015 07:46)

    お久しぶりです。
    勝手に自分の恩師←(笑)
    が色々な方達にギターの楽しさを伝え続けている事を物凄く嬉しく思います。
    小田さんとの写真など見させていただいて懐かしく思います。
    自分も30になったので先生とは違いますが引き続き頑張ろうとおもいます!!

  • #6

    たかのり (土曜日, 17 10月 2015 01:48)

    はじめまして、何度もこちらのページを拝見させていただいております。
    レリックの工程を細かく載せて下さっているので見ていてとてもワクワクします。
    是非機会があれば私もこちらのJM風レリックをお願いしたいのですが可能でしょうか?
    よろしくお願いします

  • #7

    Y.O.S.吉田 (月曜日, 19 10月 2015 22:10)

    たかのりさん
    コメントありがとうございます。お返事遅くなり申し訳ありません。
    レリック加工は随時受け付けておりますので、
    お問い合わせフォームやメール、お電話でいつでもご相談下さい^^

  • #8

    リョウタ (日曜日, 18 12月 2016 19:20)

    初めまして。興味を持ちコメントしました
    レリック加工は一般の人でもやってもらうことは可能でしょうか?

  • #9

    YOS吉田 (月曜日, 19 12月 2016 16:19)

    リョウタさんコメントありがとうございます。
    当工房はどなたでもご利用頂けますが、
    私1人で全ての業務を行なっている都合、
    その時々の混雑具合によってはレリックのような大掛かりなカスタマイズは
    お断りさせていただくことがございます。
    そして申し訳ありませんが、今がまさにその状況です。

    その時々の受付状況は、サイト内にもご案内させていただいてますので、そちらも是非ご確認ください。
    よろしくお願いいたします。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE