JM風リフィニッシュその2

ブログページの構成を

少し変更しました。


過去のものも閲覧しやすくなっていますので、

気になるものありましたら是非ご覧ください。



前回に引き続き、

今日もリフィニッシュ作業の続きをご紹介。

黒く再塗装されたボディ
黒く再塗装されたボディ

すでに大分ばれてましたが、

今回のリフィニッシュは単なる再塗装ではなく、

レリック加工という作業を行います。


使いこまれたビンテージギターのような風合いを

人工的に表現していきます。



レリック加工の程度は様々ですが、

今回のご依頼はその中でも、

最大級のハードレリック。


こんな感じになりました。

ハーーーードレリック
ハーーーードレリック

使いこまれ、

塗料が所々剥げているギターをご覧になったことがある方も

多いと思いますが・・・・今回は逆!

残っている塗料の方が少ないです(゚∇゚ ;)


剥がしたい部分をまたまた削り取って行き、

残った塗膜の質感やらいろいろ整え、

剥がしれた木の部分の色味も整えます。


このような表現をするためには、

元のポリ塗装では難しいため、

一旦全てポリ塗料を除去し、

ラッカーで極薄再塗装を施してからの作業を選択しました。

木を汚く染色したのも、

剥がした部分が綺麗すぎないようにするためです。



それにしても

朽ち果ててきましたね。



もちろん表も・・・・

表も同様に
表も同様に

うん、良い感じのボロボロです!

例の道具(工房の外に転がっていた物体)も

ボディの上を転がったり、

逆にボディをそのうえで転がしたり、

それはそれは大活躍でした^^;



最近はレリック加工するメーカーも増えていますが、

個人的に「上手い」と思えるものは少ないです。

ただただ薄い塗装で艶を消し、

傷をつけ、

剥がしているだけのものが多いです。

それでは貧相なギターにしか見えません。


私がレリック加工をする上で大切にしているのは、

1つ1つの傷や剥がれの経緯です。

いかに傷が「自然」で

人工感が漂わないか、

これがとても重要です。


その辺りを場所場所で考え

表現していきます。

剥がれの表現の違い
剥がれの表現の違い

左側はボディのお尻部分。

打痕が多く、塗料のチップを多くしています。

右側は手がこすれて剥がれた部分の再現です。

このようにダメージの表現を場所に合わせて変えて、

リアルな表現を目指していきます。


「塗装を剥がす」となると、

紙やすりを使った作業を想像される方も多いかもしれませんが、

私は殆ど使いません。

紙やすりの傷や剥がれ具合はどうしても、

「紙やすりで剥がしました!」って感じになっちゃいます。



このようにして、

ボディは大体イメージ通りになりましたので、

この後は他のパーツのレリック加工をしていきます。


続きは次回。

お楽しみに!

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE