カスタマイズの極地  - JM風リフィニッシュその1 -

2014年12月上旬、

工房に1本のギターが持ち込まれました。


今回から数回に掛けて、

ブログの主役はこのギター。


まずはご依頼主の英断に敬意と感謝。

その壮大なカスタマイズの記録をご覧あれ。

HIstoryのストラトタイプ
HIstoryのストラトタイプ

メイプルネックにローズ指板、

アルダーボディに3シングルコイルという、

何の変哲も無いストラトキャスタータイプ。


今回のご依頼の主な内容は、

このボディとネックのリフィニッシュ(再塗装)です。

ただのリフィニッシュではないんですが・・・・。


ということで、

ものの15分でストラトキャスターはバラバラに。

元塗装の剥離作業
元塗装の剥離作業

まずはこのギターの

ポリ塗装を剥がしていきます。


上記左は着色層~トップコートを剥がしているところです。

熱を加え、柔らかくなった塗膜をヘラでさらっていきます。

大まかにはがしたのが中央の状態。

下地塗装は綺麗に残っていますので、

通常のリフィニッシュであれば、

この後下地を研磨して整え、

新しいカラーに変更することが出来ます。


ところが、今回のご依頼内容を

より高いレベルで遂行するには、

この下地が邪魔なんです。


と言うわけで下地を剥がし、

完全に塗料を除去したのが右側。


文章では2行ですが、

これが大変だった!


熱で剥がしやすくなるトップコート層とは異なり、

下地層はまぁそれはそれは丈夫。

基本的には削り取るしかありません。


それにしてもフ○ゲンさん、

下地厚すぎじゃあありませんか!?


とまぁブツブツ独り言言いながら、

なんとか綺麗に剥がすことが出来ました。


そしてここからは

衝撃の映像の連続です。

なんだか小汚くなり・・・

また黒くなりましたが・・・・・?


そしてこのあと登場したのは、

右写真の道具達。


もはや道具とは呼べない物体が1つ

映り込んでいますね。

でもこれ、

見間違いでも、放送事故でもありません。


さぁいったい何がどうなるんでしょう!?


次回に乞うご期待!

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE