3年振りですね

ここ数日はウェブサイトの更新に時間を費やし、

ブログ更新が滞っておりました。

今日は「ブログ、毎回楽しみに見てます!」

っていうありがたいお言葉を

お二方から違った場でお声かけいただき、

こりゃネタ切れでも更新せねば、

というわけです。


すでにご覧いただいた方もいらっしゃるかと思いますが、

GUITARS & BASSESコンテンツを大幅に更新しています。

是非ご覧ください!



今週末は、数年に一度の

楽器業界のビッグイベント、

楽器フェア2014がありますね。

今回は3年振りでしょうか。


この業界に飛び込んで以来

これまでの楽器フェアは出展者側でしたので、

外から見る楽器フェアがとても楽しみです。


私は21日にお邪魔する予定です。

会場でお会いする方々、

よろしくお願いしま~す^o^/



今日のブログは近況報告。

ヘッドレスベース木工終盤です。
ヘッドレスベース木工終盤です。

セミオーダーモデルUnity Bassの1号機製作は

木工加工が全て完了しました。


いつもでしたらすぐ塗装に入れるのですが、

今回はプロトタイプからブリッジを変更していることもあり、

仮組みをして、寸法や整合性をチェックします。

場合によっては弦まで張ることもありますが、

今回はこの状態で問題が無いことが確認できましたので、

塗装の下準備に移ります。


右のプロトは着色無しのナチュラルにしましたが、

今回は少し色を付け、より深い表現を目指します。


お楽しみに~。




それからぽつぽつと、

新しい材も入りました。


その中でも

珍しいもの2点をご紹介。

地味な2枚の木ですが・・・
地味な2枚の木ですが・・・

派手材の紹介が多い私にしては、

極めて地味ですね。


左はアルダー材です。

右は指板用の、黒い木。

黒い木と言えば、エボニー?


いえいえ、それじゃあ紹介しても面白くありません。

ビッグサイズのアルダー1P材とブラックハカランダです。
ビッグサイズのアルダー1P材とブラックハカランダです。

左のアルダー材、

実はこんな巨大サイズ。ジャズベースが余裕で取れる1P材です。

正直アルダーは、

それほど材のグレードに差が無く、

木目も地味ですので、

1P材の需要はそんなにありません。

でも存在自体が珍しいので、入れてみました^^;


需要が少ない分流通も少ないので、

実は1Pアッシュより全然レアです。

これをあえて木目が見えない塗装で仕上げるのが

乙かもしれません。



そして黒い指板材、

エボニーでもブラックウッドでもなく、

そうなんです。

ブラジリアンローズウッドです!


ブラジリアンローズのカラーは

薄いものでレンガ位のものから、

濃いもので今回の黒いものまで、

実はかなりの差があります。


通常は写真左側の材の様に、

黒や茶色が複雑な杢を描くのが、

ブラジリアンローズらしいのですが

今回の個体は「ブラックハカランダ」と呼ばれる、

ほぼ真っ黒材。


実はこのブラックタイプ、

数年前まではオーダーすれば取れたのですが、

ここ1年市場から姿を消しました。


今回久しぶりになかなかの良材を見つけましたので、

1点ストックしてみました。



このように、

木材の仕入れはまさに一期一会で、

一度チャンスを逃すと次は相当出会えないものもあります。


とか思ってると、

ストック材がどんどん増えていく仕組みになってるようです。

困ったものですが、やめられませんね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    齋藤 (水曜日, 19 11月 2014 01:16)

    同感です!いい物って言われれば、誰でも興味は持ちます!ハカランダっていえば、「希少材」イコールこれを使えば、「いいギター」ができる?  全てをカバーできる素材ではありません、その中で、「求める音」ですよね! だから欲がわく!  深いものは探究心を伴います・・・面白いですよね!

  • #2

    Y.O.S.吉田 (木曜日, 20 11月 2014 00:02)

    まさにギターという楽器の最大の魅力はその自由度ですね。私は木材に魅せられてしまった人間ですが、そこにばかり目を向けず、楽器として全体的にバランスのとれた楽器作りを心掛けていきたいです。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE