新しい相棒とともに

セミオーダーギターはいよいよ塗装作業です。


私が工房で使っている道具類は

やはり使い慣れているものが良いので、

独立前と同じものが多いです。


ただ、塗装に使うスプレーガンだけは

思い切って変えてみました。


これ、アネスト岩田社の

w50-136"kiwami"です。

アネスト岩田 W-50-136
アネスト岩田 W-50-136

世の中スプレーガンはとんでもない種類あるので、

購入前にはひたすら各社モデルスペックの比較をしました。


これまで15年間、同社のW61を使ってましたが、

それと比べると一回り小型のスプレーガンです。

その分軽量で、かなり繊細な作業も可能。

それでもこいつのすごいのは、

このサイズのスプレーガンとは思えない、

広いスプレー範囲の設定が出来ること。


ボディの広い面の塗装から、

リペアなどのピンポイント塗装まで、

私の仕事にピッタリ!


・・・かどうかは、もうしばらく使ってみないとわかりません。


まずは早く「身体の一部」並みに

本能的に扱えるようにならねば。

塗装序盤の大切な下地作業です
塗装序盤の大切な下地作業です

ボディは目止めのウッドシーラーを塗布。

アルダー材は塗装をすると、

一気に赤い褐色系の色味が出ます。

メイプルやアッシュと比べ色味が暗いため、

明るい色のシースルー着色には不向きです。


一足先に塗装に入っているネックにはロゴも入り、

サンディングシーラーという下地塗料を乗せました。

ボディもサンディングを乗せたら一定期間乾燥させ、

次の工程に移ります。


塗装工程全般、思い通りに吹き付けをするのは難しいですが、

無条件に楽しい作業でもあります。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE