技術より根性

ご依頼が多いリペアはやはり、

演奏面やサウンドに関わる部分がほとんどです。

ナットやフレット、配線周りも多いです。

どの作業も数をこなすことで身に付く、

「技術」が何よりも大切です。


本日紹介するリペアは「技術」よりも

「アイデア」「度胸」「センス」「根性」

そんなものの方が大切な、塗装リペアのご紹介。

塗装ダメージ
オーナー様の切ない表情が印象的でございました

とてもきれいなアコースティックギター。

サウンドボードの目立つ部分に、激しいダメージが!?


譜面台に当ててしまい、

局所的に塗膜が剥がれてしまっています。

木部のダメージはほとんど無いのが

不幸中の幸いでしょうか。


この補修が今回のご依頼です。

ダメージ部研磨
どのような方法を選択するかが最も悩みどころです

このような部分的な塗装リペアは、

単純にどうやって治すか、

その選択が全てと言っても過言ではありません。

選択一つで難易度も仕上がりも大きく変化してしまいます。

今回は上写真の様に、

一度周辺を研磨、割れや浮きの出た塗膜を完全に除去し、

下地から再形成する方法を選択しました。

サンディング
木の上に下地となる塗膜を成形

まずはサンディングと呼ばれる塗料で、

木材の上に塗膜を作ります。

乾燥後研磨し、平滑を出したのが一番右。

タッチアップ作業~トップコート~仕上げ
タッチアップ作業~トップコート~仕上げ

そしていよいよ

タッチアップと呼ばれる色合わせの作業です。


このように一見ナチュラルカラーのギターも

ほんのり黄ばみを付けてあるものが多く、

新しく塗装した部分にも同様のカラーを乗せる必要があります。


ここからはもうひたすら

調色 ⇒ 実験 ⇒ 調色 ⇒ 実験

この繰り返しです。

何を混ぜればより近い色になるのか、

カラーセンスと妥協なき精神が問われます。


今回は、元の木の色の上に、

黄色、赤色、黒色、茶色の4色を混ぜて

違和感無い色に仕上げることができました。


トップコートを乗せ、

元の塗料となじませたのが右写真です。


なかなか良い感じでしょうか?


塗装リペアは何度やっても刺激的で、

達成感も大きい作業です。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    マルダイ化成の孕石です。 (木曜日, 21 8月 2014 17:33)

    調色の作業は「山」に例えられます。目標となる色を100%ぴったり再現するとなるとその頂点は1つしかなく、それ以外は全て「登山中」の未完成品です。自動車塗装で調色をされている方にお話を伺うと1年間で100%ぴったりに再現できた色は2色あるかどうか・・(!)だそうですよ。
    塗料は目標色の頂点を超えてしまうと(色々余分に足してしまうと)色のニゴリも発生してしまい元に戻せなくなるので本当に度胸と根気のいる作業だと共感いたします。

    塗装業界では調色作業は「アイデア」「度胸」「センス」「根性」に加えて作業の時間的効率ゆえに「妥協する勇気」(笑)も必要だと職人の方々が名言(?)をおっしゃっていますよ。

  • #2

    Y.O.S.ギター工房 吉田 (木曜日, 21 8月 2014 22:42)

    孕石さんお世話になります1
    まさか塗装業界からコメントいただけるとは、恐縮でございます^^;

    自動車塗装なんかは多くにメタリックの粒子が入っているでしょうから
    その調色の苦労は想像するだけでぞっとします。

    その点ギターの、特に木目が見える塗装は、
    色ムラが木目や杢に紛れて、分かりづらかったりもするので、
    多分車よりはだいぶ難易度は低いのではないかと
    想像いたしております。

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE