工房はいつも良い香り?

楽器の製作家だけが知ることが出来る要素の一つとして、

それぞれの素材の「匂い」があります。

 

有名なのは、ブラジリアンローズウッドの香り。

なぜローズウッドがそう呼ばれるのかが理解できる、

濃厚なアロマ臭が楽しめます。

他のローズウッド種からはこの匂いはしませんので、

ブラジリアンを見極める一つの判断材料になります。

外見こそ異なりますが、

アフリカンブラックウッドなども、似た匂いを放ちます。

 

一方、ココボロやパドゥーク等、

エキゾチック系の代表格たちは、軒並み鼻が痛くなるケミカル刺激臭。

私の知り合いは、木屑吸ってほんとに鼻血出ました。

ブビンガやゼブラウッド、一部のエボニー等は

とてもマスク無しでは耐えられない悪臭を漂わせ(まるでウ○コの匂い)るものもあり、

それ自体は楽器としての性能には関係ないとはいえ、

なんとなく変な印象を持ってしまいます。

 

そんな中で、ネックに良く使うハードメイプルは、

メイプルシロップで有名なあのシュガーメイプルですので、

普段から木屑もほんのり甘い香りです。

 

今回のメイプルは、熱処理された「サーモウッド」

というやつなんですが、

その熱処理のおかげで、まるで砂糖を焦がしたような

甘~~~い匂い。

加工中常にベツバラがうずうずするという過酷な環境の中、

一気に、ネックを仕上げていきましょう。

ネックの仕上げ
ネックの仕上げ工程。緊張感を持ちつつ楽しみながら、最高のネックに。

サイドポジション入れ、

ペグ穴開け、

ロッドアジャスト部加工、

ヘッド厚み仕上げ、

と、設計で定めた通りの寸法に正確な加工を施します。

 

そして、ギター製作の中でも有数の重要作業、

ネックグリップの仕上げに移ります。

 

ネックは、太さ・形状等好みは皆様それぞれですが、

良いネックは、誰が持っても弾きやすいものです。

当工房のスタンダードネックも

相当な自信がありますので、

是非直接弾いてみてください!

 

 

明日20日は、

工房の通常営業はお休みさせていただいて、

すみやグッディ藤枝店さまにて

店頭リペア相談会を開催します。

楽器の診断からリペア等のご相談はもちろん、

工房のギター・ベースの試奏も可能ですので、

お時間ある方は是非遊びに来てください!

 

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

pagetop

ABOUT YOS

静岡県島田市のギター工房です。
カスタムオーダーギター・ベースの製作、リペアとカスタマイズ、オリジナルエフェクターなどの設計・製作をしています。

MORE